落書き腐ログ。

「戦国BASARA」好き腐女子たちが腐妄想120%でおくる自由気ままな落書きブログ。※参加者様随時募集中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
豊臣主従でお風呂ネタに挑もうとした結果がこれだよ!


※R指定です。性描写を含む801妄想が苦手な方は閲覧を避けたほうが精神衛生上よろしいかと思います。
激しく下ネタ注意です。





……でもしっとりしたのもいつかうpしたいと思ってるんです。




・温泉にやってきた豊臣軍。


「三成、岩風呂に行かぬか。あちらは眺めがよいぞ」
「は、はい。…半兵衛さまはご一緒ではないのですか?」
「ほう、あやつが居るほうが良かったか」
「いえ……(むしろ嬉しゅうございますっ!秀吉さまにお誘いいただけて、しかも、二人きりだなんて…!)」
「そうか。半兵衛は飲みすぎておってな、見張りをつけて部屋に置いてきたのだ」
「見張り、でございますか」
「あやつは酒癖が悪くてな……我にも手に負えぬのよ」
「それは初耳にございます。あのお方が酔って乱れるところなど、皆目想像がつきませぬ」
「あれさえ無ければ、まことに良き友なのだ…」
苦みばしった表情で呟く主君を、三成は不思議そうに見上げていた。


カポーン…

「うむ、いい湯ぞ」
「左様にございますね…」

……ドドドドドドドドドド

「何やら騒がしゅうございますな」
「…まさか、あやつ…」
「如何なされました?秀吉さま」

ドガッシャーーーンッッ!!!

「見ぃつーけーたーよー!ひでよしぃ~!」
「は、半兵衛!」
彼の背後では、その細腕にぶっ飛ばされた家来たちが折り重なって息も絶え絶えに這いつくばっていた。
「ひどいじゃないか僕をおいてくなんてさあ!!ね~え~、どうしてなのさ!?」
秀吉にずずいと詰め寄りながら半兵衛はその場で着物を脱ぎ捨てていく。といっても色気もへったくれもない、雄々しい脱ぎっぷりだ。
「半兵衛よさぬか、三成の前でみっともないぞ!」
秀吉がうろたえて立ち上がるとともに、ザバァッ!!と湯の跳ねる音が勢いよく響く。
だが仮面をつけたまま全裸になった酔っぱらい軍師は、秀吉の傍らの若い家臣を標的に定めた。
「ん?三成くんいたのぉ?」
「………」
間の抜けた沈黙。
半兵衛のあまりの乱れっぷりにも呆気にとられていたのだが、今その視線はちらりと移ろい、敬愛する主君へと注がれていた。半兵衛の毒づきさえも、とっさに耳に入らなかった。
「おーい、聞いてるのかい三成くーん」
半兵衛の言葉はもはや耳に入っていない。
固唾を飲んで見つめる視線の先は、丸出しになっている主君のあるトコロ。
「……(やっぱり、すごい…)」
岩のような巨体にぶら下がったソレは、途方もなく立派で。うら若い三成は自分のモノと比べてしまって居たたまれない気分になるのだった。
「……(さすがは秀吉さま……ご立派にもほどがありまする…。俺なんて、背はそこそこ伸びたのに…っ、粗末すぎて情けないぞ…)」
「?どうした三成。のぼせてしまったか」
「な、何でもございません秀吉さま」
酔っぱらい軍師は湯の中に飛び込み、取り乱すうら若い家臣の肩にもたれかかって言い放った。
「三成くぅん、秀吉のどこを見てたのかな?」
「なっ……」
「とーぼーけーなーいーでーくれたまえぇ。秀吉の見事な(ピー)に釘付けになってたんだろぉ?」
「滅相もございません半兵衛さま!私は斯様に無礼な真似は致しておりませぬ!」
「無理もないよねぇ。こんなにすごいの、見たことないだろう…?」
「だから私は…!」
「でもねぇ三成くん。秀吉の(ピー)は僕だけのモノなんだよぉ」
三成と秀吉の表情がピシッと引きつった。
「最初はなかなか辛かったけどねえ、なじんでくるともう秀吉の(ピー)じゃないとダメになっちゃうの。まあ秀吉のことが好きで好きでしょうがないからなんだけどさっv初めてのときはホントに(ピー)が(ピー)るかと思うぐらい痛くって、このさき僕の(ピー)が(ピー)くなって(ピーー)になっちゃったらどうしようかと思ったよ。でもヒトの体ってすごいもんだねv自分で言うのもなんだけどさぁ☆あとね、秀吉の(ピー)ってすっごく(ピー)くて(ピーー)るんだよ。それがまた(ピー)から僕は(ピーー)して(ピー)して(ピー)で……」
がしっ。
「あ、あれぇ。足がつかないよ。やだなあ秀吉ぃ。僕を手荒に扱わないで欲しいなぁ」
人間離れした大きさの手に頭をむんずと掴まれ、それでもふにゃふにゃと笑っている半兵衛。
「三成に、余計なことを喋るでない…」
対照的にふるふると紅潮している秀吉の厳つい顔。それは怒りよりもむしろ羞恥の色が濃かった。
「……秀吉さま……」
バシャッと湯を上がり、うつむいたまま押し殺した声で呟く三成。
「み、三成。半兵衛の言うことを真に受けるでないぞ。こやつは酔うと…」
「不潔にございますッ!」
紅潮した顔で主君と酔っぱらいの腹心をキッと睨みつけ、三成は決然と去っていった。
頭をわしづかまれたまま半兵衛は肩をすくめ、困ったような笑みをへらへらと浮かべていた。
「やれやれ、ウブだねえ三成くんも」
「(三成に、嫌われてしもうた……orz)」




以上、書き逃げでした( ´A’)
おやすみなさい。

>せうるさん

ほのぼの家族は武田軍や織田軍だけじゃない!と主張しますノシ
3では豊臣方のキャラが三成のみ…というのが寂しくって、だったら発売前に豊臣軍で好き勝手やったろうじゃないか\(#゜д゜)ノということにしたのです。
でも智将の三成殿も半兵衛殿もただのアホの子と化してしまうのは、中の人のスペックのせい リ-_-)

>奏さん

四次元ポケット噴きましたwwwwwww
別名は「究極の801穴」ですね、わかります。
私もこの主従の閨での苦労は激しく気になります(;´д`)

2009.10.13 19:12 URL | ふjこ #mQop/nM. [ 編集 ]

姫ーーーーーーーーーーー!!!(゚□゚)
酔っぱらいな姫に激しく萌えました!!
秀吉の岩のような巨体なイチモツも気になりますが、細い身体で毎度それを受け入れてる姫の四次元ポケットの構造が櫻井は激しく気になります…。(ヲイ)

2009.10.13 15:40 URL | 櫻井 奏 #0tEXX4So [ 編集 ]

わっふ~♪
豊臣軍でお風呂ネタ・・・!(萌)
いつかふjこさんが書いてくれるだろうと、勝手に期待していましたw
ホント桂花さんと同じくピー音を取っ払いたい衝動に駆られましたが、長政様に削除されたなら仕方ありませんね(´・ω・`)ショボン

お酒に弱いはんべ姫にも激しく悶えたけれど、それ以上に、顔真っ赤になったひでよっしゃーにも萌えまくりました!
良い家族設定・・・(家族?)

2009.10.13 10:29 URL | せうる #- [ 編集 ]

beep音抜きのは長政様によって削除されました(´・ω・`)

粗(ryに悩む三成たんをなだめる覇王殿のお父さんぶりに全おいらがほっこりしました。三成の肩にぽんっと手を置いて寄り添いながら、穏やかに語りかけたりするんですよね(´ー`)
秀吉は捏造を重ねるほどに自分の中で萌えキャラになっていくようです\(^o^)/

2009.10.13 02:13 URL | ふjこ #mQop/nM. [ 編集 ]

あの気高く美しく可憐な軍師様が、大昔の某深夜番組張りのサイレン音を…
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
は、破廉恥でござるぞ、半兵衛殿ッ!!
で、これ、beepなしヴァージョンは、どこで聴けるんですか?←真顔

そっか。やはりひでよっさんは立派なのね。
三成よ。貴様はまだ若い。我と比べても詮無いこと。

三成に嫌われて(?)しょげるひでよっさんに、禿げ上がるほど萌えました。
カワユスよ、ひでよっさん。

2009.10.12 21:48 URL | 桂花 #JalddpaA [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sengokudream2009.blog13.fc2.com/tb.php/27-20c90a9d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。